2013年05月13日

雨上がりの道志村トレイルレース


行ってきました!第5回道志村トレイルレース。
きつかったです!楽しかったです!ロングの部を無事完走できました。登りも下りも難易度の高いこのコース、前日に降った雨でドロドロになって滑りまくりかも、と心配しましたが、逆にいい湿り具合でグリップが最高でした。(ロードシューズの方はかなり滑っておられましたが)


開会式のようす。
今回はさほど緊張感はなく気分的には楽でした。トレイルの状態は心配でしたが。ひどい渋滞になって第一関門に間に合わなくなったりしたら悔しすぎるので。


スタート直前。
昨年ハーフの部に出た際のタイムを記した紙を持ちました。ハーフのゴールは、ロングの部の第一関門でもあり、昨年のハーフのタイム通りに行けば、なんとか通過可能だったのです。ハーフのタイム、4時間53分で(ロングの部での)制限時間の7分前でした。


7:00スタート。坂道を駆け上がりトレイルの入口へ。少々の渋滞です。この場所でスタートから16分。昨年より2分速かったのでちょっとうれいしい。


8:01 ブドウ岩の頭(ぶどういわのあたま・1224m)


8:25 菜畑山(なばたけうら・1283m)


9:08 今倉山(いまくらやま・1470m)


9:20 道坂峠の給水所。
昨年はコップ一杯しかだめだったのが今年は何杯でもいいとのことでした。塩も用意されてました。


10:12 15キロ地点、チェックポイント。


10:40 御正体山(みしょうたいやま・1681m)。


11:32 第一関門に到着!昨年より20分ほど早かった。一安心です。
エイドでは水、塩付きバナナ、チョコレートがありました。最近トレイルレースで塩バナナと言って塩にバナナをつけておいてたりするのですが、塩をつけないバナナもおいてほしいな~。甘いバナナを食べたい。

ここでザックをおろして補給食を詰め替えました。チョコをもう一枚、バナナをもう一つと食べて休んでいると10分ほど経ってしまった。(塩バナナしっかりいただいてます) 気を緩めているとあっという間。さあさあ、後半戦だ。


12:04 石保土山(いしほどやま・1297m)を経て、12:33 菰釣山(こもつるしやま・1379m)に到着。ここから一気に下ります。


途中にあった自動販売機。めっちゃコーラが飲みたい・・小銭も持ってなかったから買えなかったけど。となりにあるトイレによってきました。ここまでトイレが一つもなかったので、女性の方は大変だな・・。


13:44 第二関門。ここまでは下り基調でけっこう楽だった。


第二関門の給水所には冷た~い水とチョコがひとかけら。冷たい水は体がしゃきっとしましたね。


ここから最後の難所、鳥ノ胸山へ。おろそし~。


14:41 鳥ノ胸山(とりのむねやま・とんのむねやま・1208m) やったー!最後の難所を乗り越えた。
脚はかなり疲れた。この後、林道に出るまで小さなアップダウンが続き、ちょっとでも傾斜があると歩きです。


フィニッシュへ続く最後の道。フィニッシュラインで写真を撮ってもらうため、前後に人がいないことを確認。無事テープを切って完走できました。
一緒に走った皆さん、おつかれさまでした。スタッフの方々、大変ありがとうございました。来年もぜひ参加したいです。


フィニッシュ後、同じ倶楽部のガッチさん(左)と。
受付後に一度あいさつをしたきりで、いったいどのあたりを走ってるのかと思ったら・・
ガッチさんのタイム8時間47分11秒
私のタイム8時間47分58秒、けっこう近いところにいたとは~。レース中は一度も背中を見ることがなかったぞ。制限時間10時間で9時間を切れたので自分のタイムとしては満足です。それにしてもガッチさんはトレランをはじめて間もないのにこのタイムでいきなり道志村を完走。フルマラソンが速い人はトレイルも速いね。トレイルに慣れたらもっと早くなりそう~。私ももうちょっとフルマラソンでスピードが出るようにがんばろうと思いました。
あー楽しかった。この大会、おすすめです。  


Posted by キタキタ at 22:04Comments(8)道志村トレイルレース

2013年05月10日

レースの準備を

明後日はいよいよ道志村トレイルレースだ。
今日は仕事帰りにレースの補給食を買おうと横浜駅近くのカモシカスポーツによって帰りました。


ニューハレにパワージェルと最近気になったいたハニースティンガーを買いました。ハニースティンガーの中身は蜂蜜らしい。ふつうの蜂蜜と違うのだろうか。大差なければこれ一つ(37g)で262円は割高だよな。まあ、おいしそうだし、ものは試しで。


ちなみに、こんなのはどうでしょう?チューブ入りの練乳。これだけ強烈に甘いものがランの最中にいいかどうかは別にして、1本約430カロリー!金額は170円!コストパフォーマンスめちゃ高!!

あとファイントラックの撥水ソックスも欲しかったけど、カモシカスポーツで値段見てひるんだ。2700円ちょいした。靴下にこの値段…。しかし雨の日のレースには素晴らしい威力を発揮するらしい。7月に控えているおんたけウルトラトレイルのブログを探して読んでると、昨年はかなりの雨で、ファイントラックのソックスを履いて水の影響をかなり軽減できたとあった。これはほしいアイテムだと思ったけれど、ん~。また今度お金のあるときにしよう。雨の時は絶対欲しいな。100キロのトレイル走るのにずぶ濡れの足だと真っ白にふやけて、それでも走り続けていると…おー怖。
  


Posted by キタキタ at 20:52Comments(10)道志村トレイルレース

2013年05月04日

道志村トレイルレースの試走、コース後半


先週、コース前半を試走に行きましたが、第一関門(ハーフの部終了地点)でまさかのタイムアウト気味でした。せっかくフルに出場なのに前半だけで失格になっては悔しすぎます。とにかく前半がんばるのみ、完走狙いです。で、今回は第一関門からフィニッシュまでの、コース後半の試走に行ってきました。
朝7時、道志の湯ちかくの駐車場に車をとめてスタート。


まずはR413を走り、第一関門近くの山伏峠を目指します。登り基調で13キロ。コース中間地点からはじめるためにもまずまずの負荷がかけられたでしょうか。(いや、のんびり走ってたからそうでもないな・・)


山伏峠登山口へ到着。


少し登るとすぐに尾根にでて第一関門に到着。
9:00、ここからスタートです。残りの制限時間5時間以内を目指していきます。


9:27、石保土山(いしほどやま・1297m)に到着。


10:26、菰釣山(こもつるしやま・1379m)に到着。


菰釣山を下山して沢沿いの林道へ。ずっと下りでガレ場もなく走りやすい道でした。


11:13、第二関門の体験農園駐車場に到着。制限時間の17分前でした。まあ、よしとします。


向かいは川をはさんで道の駅道志です。


コース後半の山場、鳥ノ胸山へ。きつい登りがはじまります。長い林道の下りの後にきつい登りがまっているってのは、北丹沢12時間山岳耐久とよく似ています。北丹沢は最後に姫次が待ってるし。


12:05、鳥ノ胸山(とりのむねやま・とんのむねやま・1208m)に到着。なかなか手ごわい登りでした。


12:30、少々アップダウンを繰り返し、山をおりたところ。


ここからフィニッシュまで下り基調の林道が長~く続きます。長かったなー。


13:12、駐車場までもどってきました。この先、フィニッシュの会場です。14時までにもどってこれればOKだったのでよかったでしょう。  


Posted by キタキタ at 20:41Comments(6)道志村トレイルレース

2013年04月28日

道志村トレイルレースの試走と、UTMF!


4/27、道志村トレイルレース・コース前半(ハーフの距離)の試走に行ってきました。
昨年はハーフの部に出場してタイムは4時間53分でした。ハーフのゴールはフルの第一関門でもあり、制限時間は5時間だったので、なんとか通過可能というところでした。

ところが今回の試走ではまさかのタイムオーバー気味 (゚ロ゚;) 第一関門への分岐を見落とし行き過ぎてしまい、正確なタイムは不明・・。大会コース地図も忘れて記憶を頼りに行ったせいでもある・・。でもでも、行きすぎてしまったついでに、その先の石割山まで足をのばすことにしました。石割山はUTMFのコースで、ちょうどこのとき開催中!選手たちが走ってるはず。見たい見たい!応援応援~!


朝7時、道志の湯近く、試走者用の駐車場に車を止めてスタート。駐車場がいっぱいになってたらどうしよう、なんて思いましたが私のを含めて3台だけでした。


トレイルの入口(スタートから18分:タイムはすべて参考までに昨年のもの)


ブドウ岩の頭(1時間7分)


菜畑山(1時間33分)


今倉山(2時間19分)


御正体山(3時間54分) この後、第一関門への道を覚えておらず見落とし・・。


石割山を左に折れるんだったな、と勘違いしてかなり進んでから気がついた。そうだ、石割山って記憶してたのはUTMFのコースだったからで、そこまで行っちゃいけないんだった。えらい記憶違いをしてしまった・・。でも、近いと思ったらもう見たくてしかたなくなりました。


足を延ばして石割山山頂~。UTMFの選手が通過中~!絶好の撮影ポイント。


バックはこの富士山!素晴らしい~。山頂にいた15分ほどの間、4人の選手が通過しました。お昼12時半過ぎで順位は100くらいとのこと。速い人たちですね。石割山はエイドのあるにぎやかなところとは違って、人も少なく静かな雰囲気でした。

この後、来た道を戻ってコースを確認しようとしたけどまたわからず(T_T) こうなったらと御正体山を石割山側から登って、反対側のエスケープルートから下山しました。御正体山、どちらから登ってもきつかった・・。


国道413号線にでて道志の湯へ。この舗装路を走っている間はもうヘトヘト。道志村トレイルレースのフルの距離も走ってないのにこのありさまとは・・。UTMF出場の選手の皆さんに敬意を表します。

俺もいつかはと思い、この舗装路をがんばって走って帰るぞ~と走っていたところに、同じ試走でお会いした方が車から声をかけてきた。
「道志の湯まで行きますよ」 「え、あ、ホントですか~ありがとうございます!」
私の気合いもその程度です。車ってすげーなーと思いながら楽ちんでスタート地点まで戻ってしまいました。Sさん、ありがとうございました。

家に帰ってきた昨日、今日とUTMFのライブカメラを最高に楽しみながら見ました。こんな素晴らしい大会がすぐ近くであるなんて。見てるだけで夢のようです。  


Posted by キタキタ at 19:57Comments(6)道志村トレイルレース

2013年02月05日

第5回道志村トレイルレースにエントリー

5月12日開催の道志村トレイルレースにエントリーしました!

上級者向けの手ごわいコースということで、トレイルをはじめたころは憧れの大会でした。
昨年はまだ実力不足で、怖気づいてハーフにしました。ハーフでも十分きつかった。昨年の記事を見なおすと、長い登りでふくらはぎがパンパンになっていく記憶がよみがえりました。

ハーフのゴールとロングの第一関門は同じ場所なのですが、ハーフの制限時間は6時間、フルの第一関門の制限時間は5時間。そのフルの制限時間の10分前くらいに到着できたけど、これがフルならその後、脚が持つかどうか・・なんて書いてました。先が長いと思って力を温存しようとすると、間に合わないかもなー。
でも今年のメインイベントにさらにキツイ大会が先にあるので、ここでつまづくわけにはいかないぞ。


石保土山から菰釣山へ向かう路  


Posted by キタキタ at 20:16Comments(4)道志村トレイルレース